人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Zガンダムみて、つらつら思った事 ⑤_c0022847_19000555.jpg
無印ガンダムからいた人
ホワイトベースのクルーはいろいろあったようです。

ブライト艦長
いつも艦長をやってます。髪の毛がみどりになりました。
奥さんはミライさん(これは勝ち組)
息子はハサウェイ(地獄のはじまり)
アーガマはホワイトベースより我の強い人が多くて大変でしょうが
今後もみんなの艦長をやってほしいなブライトさん

アムロ
戦後7年間、軟禁されていたが
外に出たとたんへんな虫がついた(ベルトーチカ)アムロさん。
ゼータの世界でも、だれよりも強いですが、MSにはめぐまれません。
ZZはまだ見たことないのですが、逆シャアでは別の彼女がいたし
今後もいろんな彼女やMSを乗り換えるんだろうなあ…
アムロさん天パでラテンっぽいし、自信がつけばシャアよりモテそうです

カイ
フリーのジャーナリストなんていかにもなカイさん。
昭和の時代は一番かっこいい職業でしたが
今ならフリーのライターとか使い捨てっぽいですよね。
宇宙世紀ではジャーナリストはかっこいいはず。
バチカンで取材できるくらいだし(この時代のバチカンに権威はあるのか謎)

ハヤト
いいカンジにおっさん化してるけど、まだ若いです。
ブライトさんと同じ艦長など組織を率いるのにむいてるようですね。
フロリダのケネディ宇宙センターでカラバという組織で働いているようです。
フラウボゥと結婚し、カツレツキッカをひきとり義父に。
若いのにえらいな~

ミライ
ミライさんは逆シャアでもチケット取りに苦労してました。
昭和の時代のみどりの窓口や旅行代理店のカウンターを思い出します。
ミライさんはニュータイプですが主婦になっちゃって何の役にも
立ってないなーと思ったのですが、
まさかの息子さんに能力が受け継がれる伏線になってるとは!!
もしかしたらミライさんのモテモテ能力もニュータイプなのかもしれない。
シロッコもモテモテ能力もってるし。

Zガンダムまとめ
初代ガンダムは「ロボットで戦う軍隊」で
Zガンダムは「ロボットで戦う義勇軍」の話でした。
義勇軍なので、比較的人の出入りが自由で
シャアやブライトが一緒の船で戦ったり、アムロやハヤトも共闘したり夢のような展開でした。
しかし一方でゼータの新キャラ達は我が強い人が多く、
ジェリドやベルトーチカとか華があるけど性格悪くて途中で消えちゃう人とか
ライラやマウアーのようにまともな人は短命だったり、いろいろ目まぐるしかったです。
もうちょっと日常生活に時々でてくるような普通の人がいても
バランスいいかなーと思いました。アストナージさんみたいな。

あと、カミーユの個性が、まっとうになるにつれてどんどん減ってしまうのが残念でした。
個性=キツい性格 ではなく
個性=大人になってもかわらないカミーユらしさ
であるべきでしたが、単にやわらかい人柄になっただけ。そのへんがもったいない。
あ、カミーユは時々すごいセリフを発してました。
シャアに「そんな大人、修正してやる」パンチとか
女といちゃいちゃするアムロさんに「傷をなめあうような男と女」とか
サラにも「そんなにシロッコに抱かれたいのか?」とか
結構エグいセリフ言ってました。
カミーユは少年だけどセリフは中年おっさんなんだよなー

義勇軍エウーゴは壊滅的な被害をうけながらもなんとかティターンズを倒す事に成功しました。
テレビ神奈川では次回からZZが始まるわけですが、どんな敵と戦うことになるのか楽しみです。
多分ハマーンとか、まだ死んでないヤザンだと思うけど
ラスボスがセイラさんだったりフラウボゥだったりすると面白いかも(ないから)


# by protonsan | 2022-03-05 12:29 | Zガンダム

Zガンダムみて、つらつら思った事 ④_c0022847_18570841.jpg
今回は強化人間女子たちについて

ティターンズは人工的にニュータイプを育成しようとして
強化人間という人を作っているようです。
みんな頭がイカレていて、男はいなくて女ばっかです。
強化人間というと、アーマードコアでも出撃失敗を繰り返して借金まみれになると
強制的に頭の中にレーダーとか組み込まれて強化人間になります。
そんなかんじで、頭の中にレーダーや視界にメーターがあるような人なのかも
しれません。(作中にそのような描写はありません)
そんな強化人間の女の子たちについて書きます

フォウ
強化人間で一番つよかった人
カミーユが更生するきっかけになったとても泣けるいいエピソードがあり、
他の強化人間いらないんじゃね?みたいに思いました。
サイコガンダムという巨大なガンダムを動かすのですが、
操縦するときの負荷がすごいのか、メンタルがボロボロになっていくのが痛々しいです。
サイコガンダムをもうちょっと小さくて軽くすれば(軽自動車くらい)、
あんなに操縦がしんどくなかったのではないだろうか…と思います。

ロザミア
いちばん最初にでてきた強化人間
結構色っぽいのでセクシー担当大臣かとおもったら
まさかのカミーユをお兄ちゃんと慕う幼女メンタルの人でした。
自分が少女だと思ってる時には身体検査で服ぬいでおっぱい丸出しするし
この時代のアニメは乳首が解禁されていた頃だったなあ…となつかしくなりました。
最終回、カミーユのまわりに霊体となって登場する女性たちの中に
なぜかロザミアもいて、
「え、カミーユに何か恩義かんじるようなことあったっけ?」と思ってしまった

サラ
顔がちょっと怖いけど、強化人間女子たちの中でいちばん健気で可哀そうでした。
あとフォウやロザミアほど脳が壊れてないので、比較的自分の意志で動いて
いろいろアーガマをてこずらせてくれます。
なぜかカツに気に入られてしまうのですが、サラはパプティマスさまが好き。
パプティマスさまはいろんな女のコが好き好き。
どこにも希望がない三角関係です。
あと、毒ガスしこむ工作員として活躍する回もあるのですが
カミーユに腹パンされたり、痛い目にもあいました。
もうちょっと可愛い顔だったらファンも増えたでしょうに…

ハマーン
強化人間じゃないけど強い強いニュータイプ
後半に登場するけどキャラが立ちまくりでした。
シャアとはいろいろあったっぽいが、あまり詳細は不明です。
もうちょっと登場がはやかった方が
ゼータガンダム面白くなったんじゃないのか?と思えなくもない。
まあ、ファーストでもララァっの登場も後半だしね。

# by protonsan | 2022-03-05 12:18 | Zガンダム

Zガンダムみて、つらつら思った事 ③_c0022847_18583539.jpg
Zガンダムみて、つらつら思った事 ③

今回はティターンズの人たちについてです

ジェリド
出だしはカミーユに軽口をたたいたせいで喧嘩になり
それ以来カミーユとは犬猿の仲になる。最後までずっとそんな調子。
初めの頃はカミーユもクズだったけど、ジェリドもそこそこ青くてバカでしたが
次第に、頼れる先輩とかがコロコロ死んでジェリドも思うところがあり
成長していく…と思いきや、なぜかカミーユとは変な因縁が続き
ひたすらカミーユを逆恨みするようになってしまいました。
扱いが難しかったのか、富野監督も忘れてたのか、途中から存在感がなくなり
最終回まぎわに久しぶりに登場したと思ったら
カミーユにあっさり倒されてしまう。
うーむ…監督、男描くのめんどくさくなっちゃったのかな?

ヤザン
めんどくさい人しかいないゼータの世界で
わかりやすく戦いが好きで、強くて一本スジが通った人です。
シロッコにほめられると嬉しがる(かわいい)
私服の時に、胸に亀のマークがあるのが謎
しかも中の人が765プロの高木順二郎社長なんですよ!
こういう人がエウーゴにもいたらなあ…
あ、ウォンリーさんがいるか!(じじいだが)

シロッコ
カミーユからのヘイトがひたすら上がっていって
最終回はシロッコとカミーユの戦いになるのですが、
正直、ティターンズを内側からいろいろ崩壊させてくれた立役者
ファーストでいうとキシリアみたいなかんじ?
ただ、女の扱いがひどくて、たらしこんでは危険な仕事をさせるので
サラやレコアの扱い方をみて酷いあんまりだ!と
カミーユはプンプンするのですが、端からみてて
サラ達だってシロッコの部下なんだし、そんなもんじゃないのかな~と思いました。
シロッコ本人も何をしたいのかいまいちわからない人でした。
雰囲気あるのですが、ずっと余裕かました雰囲気で、
最後カミーユと一騎打ちの時くらいしか、あまり素が出ない人でしたね。

レコア
いやー、途中までまさかこの人がティターンズ側につくとは思いませんでした。
初めの頃のトゲトゲしたカミーユに唯一やさしかったりしたし
いい人かと思ってたら、シャアと何か男女のいざこざがあって
シロッコに寝返っちゃってびっくり。
逆襲のシャアにでてきた「シャアの寝言」を聞いた女の一人だったのかしら。あらやだ。
とはいえ、なにかと男がーとか女がーとかいちいちめんどくさい人だなあ…と思いました。
エマさんに何か性暴力の被害者だった的な事を言ってたのが気になりますが
のほほんとしたアーガマにそんな性犯罪者っぽい人がいるとは思えないし…
寝返って、カミーユやエマと戦場で対峙してはじめて事に重大さに気づいたり
見た目とちがって内面は子供というか壊れている人の一人だったのかなあ~

長くなったので、続きは次回です

# by protonsan | 2022-03-05 12:12 | Zガンダム

Zガンダムみて、つらつら思った事 ②_c0022847_18531079.jpg
Zガンダムみて、つらつら思った事 ②_c0022847_12330182.jpg
Zガンダムみて、つらつら思った事 ②

まずはエウーゴの人たちについて
感想をかいていきます

カミーユ
主人公ですが、登場時には「うわ、なんだコイツ」な少年
平気で嘘をつき、人の話を聞かず、カッとなるとすぐ人をなぐり
自分勝手にマーク2で出撃し、イライラすると癇癪をおこす人でしたが、
後半、ウォンリーさんに修正(鉄拳制裁)されたり、
フォウが2回も目の前で悲劇的な死に方をしたり
そこそこ戦果をあげていくにつれて
アーガマのクルーに頼られるようになり、心がかなり落ち着いたようです。
逆に、アクが抜けすぎてちょっとものたりなかったくらいです。

問題行動だらけのわがまま少年が他人を受け入れ居場所をみつけて
更生していくのがゼータガンダムのテーマの一つなのかもしれません

宇宙世紀シリーズの続編で初代主人公アムロとの対比をついしてしまうのですが
カミーユは優秀なニュータイプなのですが、
アムロのように敵MSの動きを先に予測して動けるような戦闘特化ニュータイプではなく
どちらかというと、戦闘エリアに他の強化人間やニュータイプがいるとすぐわかってしまうし、
時々会話までできちゃうし、しまいにゃ死んだ人と会話までできちゃう
なんというか霊能者みたいなニュータイプですね。

あと、主人公なのに、戦局の重要な所はシャアにとられちゃうし
いまいち出番にめぐまれないというか、
あとやたら女子の後を追いかけてばかりだし、耳が隠れてるヘアスタイルも気持ち悪いし
割りを食ってる主人公な気がします。

それにしても最後はなんであんな目に会うのかねー 
アムロも1年戦争のあと7年間は軟禁されているし、
ガンダムの主人公になるということは流行語大賞に選ばれる芸人ギャグのような
呪いがあるのかもしれません。

ファ
カミーユの幼馴染 カミーユのクズな性格をすべて許しカミーユをひたすら好きな子
ものすごい心の広い人格者かと思いきや、アーガマに乗ってからはカミーユと同じくらい
問題行動をおこしまくり、ブライト艦長やエマさんがうんざりするくらいで
この娘の意義は何なんだろうかと思ったりしましたが、アーガマにいるクソガキ二人(クムとシンタ)の
世話係としてはとてもがんばってます。
エンディング曲では走り回ってて、メインヒロインだと思ってたけど微妙でした。
あと、ファとフォウ名前が似ててまぎらわしいです。

クワトロバジーナ(シャア)
1年戦争ではひたすら部下や仲間を使い捨て見殺しにして、ジオン公国でザビ家を殺しまくり
優秀なMSパイロットで刺客で悲劇の王子様だったカリスマのシャアですが
ゼータのシャアはなんかフニャフニャしてダメダメで何やっても中途半端で
派手なのはモビルスーツだけです。お前なんかふわトロバジーナです。
ですが、見てる人はみんなシャアが好きなので画面にシャアが登場するとワクワクするのです。
そして、いろんな伏線を全部ほったらかしにしたまま、シャアはシャアのまま退場するのでした。

カツ
物語中盤カミーユが問題児でなくなった頃から、アーガマで一番やばい奴はカツでした。
在りし日のカミーユと同じ、人の話を聞かず、常に怒っていて、勝手に出撃し、負けてばかりです。
カミーユと違ったのはカツはMSの操縦が下手くそで、ますます周囲から怒られ
本人は反発し言うこと聞かなくなる負のスパイラルでした。
あと、カツは死に対する恐怖がないのもやばかった。
後半、やたらカミーユや他のクルーから「そんなだといつか死ぬぞ」と忠告されてるのに
馬耳東風です。そして、最後はその通りになりました。
1年戦争では、希望の象徴だったカツレツキッカ子供たち、なんでこうなったと思ったけれど
思えば、戦争孤児で本来は親元で愛情につつまれて暮らすはずの年頃だったのに
ホワイトベースで殺す殺されるの地獄の日々に、カツの心はすでに壊れていたのかもしれません。
死ぬことが怖くない、正義は自分で決める、敵は殺す、そんな人間になってしまったんでしょうね。
アムロさんを戦場に戻したのもカツの怒りにみちた正義でした。
アムロはカツの死をどう受け止めるのでしょうか…
カミーユは更生できたけど、カツみたいなのは若くして死ぬ、富野監督のリアリティを感じました。

エマ
ファーストガンダムには登場しない、ゼータから登場したキャラの中で一番私が大好きなのがエマさんです。
初めはティターンズ所属でしたが、ティターンズの組織に疑問を覚えて
ティターンズのMSを3機も奪ってエウーゴに寝返ります。なんて極悪人なんだ!
しかし、組織としての理想的なエウーゴではおっさんのヘンケン艦長に目をつけられます
ヘンケンはいい人なのですがおっさんです。しかも艦長です。
エマさん的にはアーガマでのモテモテハッピーライフはここで閉ざされたといっていいでしょう。
しかし、エマさんは軍人、ラブとかどうでもいいのです。
アーガマでの暮らしは敵側から寝返ったということで初めは監視生活からスタートです
おなじ境遇のしつけのできてないカミーユから犬のようにつきまとわれます。うざいです。
エマさんは軍人なのでがんばって戦って地位を確立して(ときどき失敗したけど)
ザクみたいなリックディアスからカミーユのおさがりだけどマークⅡに乗れるようになります。
自分勝手な理由で戦う人たちが多いなか、軍人として堅実に戦うエマさんは最後まで優秀でした。
ニュータイプではなかったけれど、最終回でカミーユに自分の魂を託したりするのをみると
エマはニュータイプにスペースノイド達の未来への希望を抱いていた一人なのでしょうか。
(wikiで確認したら、エマさんちょっとニュータイプでした)

次回はティターンズのひとたちについて書きます


# by protonsan | 2022-03-05 12:00 | Zガンダム

Zガンダムみて、つらつら思った事 ① 

テレビ神奈川のZガンダム放送を全話みました。
Zガンダムは1985年放映されたのですが、
当時は主人公カミーユの性格がひどすぎるのと
勢力図が複雑で難しくて恥ずかしながら数話で脱落してしまいました

36年ぶりにTVK(テレビ神奈川)の放送をきっかけにちゃんと見てみよう!と
週一回ずつじっくりみてみました。
今ならHDDレコーダーもあるし、わからないところは検索できるし
今更ながらやっとどんな話なのかわかりましたよー

前置きは以上で、
まずわかったのは、

初代ガンダムは国家間戦争
Zガンダムは地域紛争
初代ガンダムは連邦VSジオン 
例えていうと、ウクライナVSロシアの戦争
どっちが悪か、どっち視点でみればいいか一瞬で理解できます!

しかしZガンダムは開始時
エゥーゴVSティターンズ
どっちも国家ではなく、公的な組織でもありません。
例えていうと クルド人VSイスラミックステート
ぱっと見、どっちに分があるのかわかりません。
仮にクルド人をエウーゴに例えてみますと
ティターンズはIS
地球連邦の上層部に巣喰って利権をむさぼり
恫喝や暴力でまわりを押さえつける様はまさにISっぽい

ティターンズに直接対抗せず、武器を供給するだけのアナハイム社
クルド人に武器を供給する欧米諸国のよう

また、時々エウーゴに協力するのは
アムロやハヤト達が所属しているカラバ、正直かなりしょぼい集団です。
クルド人への協力者は欧米以外もシリア・アサド政権などもいます。
仮にカラバはアサド政権ってことにしましょう

またティターンズは敵だらけです。
エウーゴ以外にも、ハマーン率いるアクシズ(ネオジオン)とも仲わるいです。
ISも敵対勢力がいっぱいいますが、理想は高いが内情は疑問符な集団としてタリバン
たとえてみましょうか

結果

エウーゴ = クルド人
ティターンズ = イスラミックステート
アナハイム = 欧米諸国
カラバ = シリア・アサド政権
アクシズ = タリバン

むりやりZガンダムを中東の紛争にたとえてみました!さっぱりわかりません!
あと、シロッコ派を何に例えていいのかわかりませんでした。

しかしZガンダムは勢力関係はわからなくても大丈夫なのです。
なぜなら
ティターンズは内ゲバで勝手に崩壊していきます!
エウーゴは時々MSでティターンズ戦うだけです。
カラバは途中でどっか消えちゃいました
アクシズもハマーン一人が元気ですが、他の実態がみえない組織でした。
(幼女ミネバザビが中世のお姫様のような暮らしをしている様は
よく描かれますが、他はとくに何で生計たてているのかさっぱりです。)

複雑な勢力が描かれるわりには、Zガンダムの世界はあまり勢力が
かみあってないのです。
登場しては消え登場しては消えのくりかえしです。
基本はMSのかっこいい戦いを描ければいいのですし、
現実の世界の紛争もテーマや意味なんてない事をかんがえると
これはこれで、ある意味リアルなのかもと思いました。

思えば1985年、世界はまだ冷戦でした。
ソ連は崩壊していません。
ベルリンの壁もあり、温暖化問題どころか「核の冬」がキャンペーン用語としてとびかってました
中国は天安門事件の起きる前で日本人の対中国のイメージはすこぶる良好で、
アニメや漫画には中国人ヒロインがいっぱいいました。
第2次世界大戦が終わり、国家間の大戦争はおさまり、国家戦争より、都市部のテロや地域紛争が
リアルな戦闘になると思われていました。(今もそうか)
そんな中、富野監督がZガンダムの世界に設定したのはリアルな地域紛争だったのは想像できます。
大地震のあとの余震のような、大戦争のあと世界が再編成されるまでのあちこちでおこる
複雑な勢力争いや紛争を描きたかったのかなとか、思いました。
ビデオデッキが普及してない時代に、よくやったよなー

長くなっちゃいましたが、
Zの勢力図の話については以上です。

次回は各キャラクターについて思ったこととか
書いていこうとおもいます

# by protonsan | 2022-02-28 13:17 | Zガンダム